目の疲れをグッと抑える!職場で簡単にできるブルーライト対策

ブルーライトの与える影響は大きい!OLが必要な目のケア

負担の原因を解消する~職場でのブルーライト対策~

ブルーライト対策は、様々な方法で行なうことができます。PC本体で設定することも可能ですし、グッズを使って対策することも可能です。ここではオススメの対策方法を紹介します。

今すぐ実践!【OS別に見るPSの色彩設定】

ブルーライト対策は、PCの色彩設定を行ないましょう。今から紹介する設定を行なうことで、PCから発せられるブルーライト自体を制限できます。

Windowsの設定方法
まず、スタートボタンを押して、コントロールパネルを開きます。コントロールパネルの中にある、デスクトップのカスタマイズをクリックし、ディスプレイを選択したら色の調整を選びます。カラーバランスの調整という画面が出るまで、何回か「次へ」を押します。右下にある青のスライダーを左に動かすと、青色の光、つまりブルーライトを調整できます。極限までブルーライトを抑えることができますが、下げ過ぎると見づらい画面になってしまうため、適度に下げると良いでしょう。ブルーライトを調整した場合は、緑色や赤色も同時に調整したほうが自然な色味になり、見やすくなります。
Macの設定方法
まず、リンゴマークを押して、システム環境設定を開いてディスプレイを選択します。ディスプレイの設定画面が開けたら、カラーをダブルクリックし、「補正」をクリックします。ディスプレイキャリブレータ・アシスタントとうい画面に切り替わったら、「使用するホワイトポイントを選んでください」という画面になるまで、「続ける」を押します。「使用するホワイトポイントを選んでください」という画面で、D50を選択したら、設定は終了です。

なるべく揃えておきたい~ブルーライト対策グッズ~

ブルーライトカットメガネ
ブルーライトカットメガネとは、ブルーライトから目を守る効果があるメガネのことです。数年前から、各メガネメーカーが販売を始めて、今では多くのサラリーマンやOLが使用しています。裸眼時に比べて、ブルーライトカットメガネを着用した時のほうが、PCを使用した時に感じる不快感が少なかったという声が多いです。PCを使用する度に首や方の痛み、目の周りの痛み、モニターのぎらつきなどの不快感を感じる人はブルーライトカットメガネを使用してみると良いでしょう。
ブルーライトカットフィル
ブルーライトカットフィルムとは、ある程度ブルーライトをカットする効果がある、液晶保護フィルムのことです。ブルーライトカットの効果を重視するなら、光の透過率が低いものを選びましょう。光の透過率とは、フィルムを通して、目に入る光の量のことです。透過率が高くなると、ブルーライトカット率が下がってしまうので、目への影響を考えるなら透過率が低いものを選ぶべきです。

PC専門家からのお得情報

スマホのブルーライト対策はアプリで行ないましょう(家電量販店勤務)

上記の方法を実践すれば、PCのブルーライト対策を行なえますが、スマホのブルーライト対策も行なうべきです。最近ではブルーライトカットができるアプリも登場しています。アプリをダウンロートしてカットをオンにするだけで、簡単にブルーライトをカットできるので便利です。カット率や光のみを選べるシンプルなアプリから、暗さを完治して視力保護フィルターが自動的に作動する高性能なアプリまであります。

職場のちょっとした休憩にできる~目の負担を和らげる対策法~

仕事の休憩の時間を活用して、目の疲れを解消するためのストレッチやツボ押しマッサージを行ないましょう。休憩時間を上手に活用することで、目の疲れを抑えられます。

PCの使用時間に関する疑問

PCは連続して何時間ごとに休憩を取ればいいですか?
長時間PCでの作業を行なう場合は、1時間に10分~15分ほど休憩をして、目を休めましょう。1時間ごと10分~15分ほどの休憩が取れないという場合は、5分だけでも休憩をしたほうが良いです。1時間以上続けて、PCでの作業を行なうのは目に大きな負担となってしまうからです。
休憩時間を利用してできる、目の負担軽減法も紹介します。

目の疲れを改善するストレッチ

目のケアをする女性

まずはウォーミングアップとして左右交互にリズミカルにウインクします。ウインクをすると目の周りがほぐれ、適度な刺激で目をスッキリとさせることができます。次に右眉を見つめる、視線を戻して左眉を見つめるといった目のストレッチを行ないましょう。目を動かす筋肉を大きく動かすようにするのがポイントです。そして最後に仕上げのストレッチとして、ゆっくりと左右交互に眼球を回しましょう。目をなめらかに動かす体操になるので、無理はせず目が回らない程度に行なうことが重要です。

眼精疲労に効果的なツボ押しマッサージ

眼精疲労に効果があるツボは、「晴明」「攅竹」などがあります。晴明は、鼻の付け根部分にあるツボで、近視や緑内障などの眼病予防にも効果があります。鼻をつまむような形で、少し圧をかけながら指圧をします。攅竹は、眉の始まり部分にあるツボで、老眼の予防や頭痛の緩和にも効果があります。机に肘をついた状態で親指を立て、そこに眉を乗せて指圧をします。この他にも眼精疲労に効果的なツボは色々あるので、試してみると良いでしょう。

目薬をさす方法

目薬をさす時に、容器の先が目やまつげについていたり、目薬をさした後に目をパチパチしたりしている人は少なくないでしょう。このような誤った方法で目薬をさし続けてしまうと目薬の効果が十分に発揮されない、目薬が汚染されるといったことが起きてしまいます。目薬をさす時は、目薬の容器に汚れが付かないよう石鹸でよく手を洗い、下まぶたを軽く引いて目薬を目の中に確実に入れるようにします。さした後は目薬が流れ出ていかないようにしばらくまぶたを閉じるか、目頭を軽く押さえましょう。流れ出てしまった場合は、清潔なガーゼやティッシュで拭き取ります。正しい方法で目薬を使用することで、目薬の効果を十分に発揮させることができます。

TOPボタン