ブルーライトから目を守るなら青汁とブルーベリーサプリを摂取しよう

ブルーライトの与える影響は大きい!OLが必要な目のケア

オフィスワーカー必見!~デジタル社会で求められる目のケア~

オフィスワーカーをはじめ、多くの人がPCやスマホを長時間使用している現在では、国民の眼精疲労が大きな問題となっています。ここではPCと眼精疲労の関係性を見てみましょう。

ブルーライトが目に及ぼす影響

毎日デジタル機器を長時間利用している人は、ブルーライトの影響に気をつけなければなりません。ブルーライトは、長時間浴び続けると網膜に変性が起きるほど、強いエネルギーを持っている光だからです。そもそもブルーライトというのは、光の中に含まれる青い光のことを言います。目に見える光は、波長やエネルギーの違いによって、青みがかった色から赤みがかった色まで様々な色が混じっています。その光の色の青みが強くなるほど、エネルギーも強くなるため、目に及ぼす影響は強くなります。最近のPCのディスプレイやスマホの液晶には、LEDが使用されていますが、LEDの光には、ブルーライトが多く含まれています。そのため毎日長時間PCやスマホを使用している人は、目に及ぼす影響に気をつけなければならないのです。

ブルーライトはデジタル機器だけから発せられるものではない

一般的なブルーライトのイメージと言えば、PCやスマホなどのデジタル機器から出るものです。実際には、太陽光や照明器具、テレビなど様々な場所からブルーライトは発せられています。幅広い場所で使用されている蛍光灯は、白く見えますが、人工的に青色と緑色、赤色の3色の光を重ねることで白色光を作り出しているのです。そのため蛍光灯からも、ブルーライトは発せられています。最近普及している白色LEDライトは、青色と黄色の2種類の光を重ねて、白色光を作り出しています。そのためLEDライトからは、蛍光灯よりもブルーライトが多く発せられているのです。

ブルーライトを多く発するPCが目に与える影響とは

眼精疲労
ブルーライトは、他の色の光と比べて、波長が小さいです。そのため空中にあるチリやほこりによって散乱します。光が散乱すると、PCやテレビの画面はブレやちらつきとして表れます。人間の目は、そのブレやちらつきにピントを合わせようとするため、目の筋肉や視覚を認識する脳が疲労を感じるのです。
近視や乱視
PCを長時間使用すると、手元にピントを合わせた状態が続きます。目は、その距離が見やすいように順応するため、眼軸長が伸びたり目の度数が手元に変わったりします。そのため近視になる可能性が高まってしまうのです。また、PCを見る度に目を細めたり注視したりすると、眼球に強い圧力がかかった状態ができます。すると乱視になるリスクも高めてしまいます。
ドライアイ
通常の場合、人間は3秒に1回のペースでまばたきをします。それが、読書をしたりPCを使用したりするとまばたきの頻度はどんどん少なくなってしまいます。まばたきは眼球の表面を涙でうるおす役割があるため、まばたきの回数が減ってしまうと目が乾いてドライアイになりやすくなります。それだけではなく、疲労やストレス、生活環境からの影響もドライアイの原因になってしまうので気をつけましょう。

目を酷使した分だけのケアが重要

働き盛りのオフィスワーカーにとって、PCは必要不可欠です。だからと言って、毎日目に負担をかけ続けていると、眼精疲労や近視、乱視の原因になってしまいます。仕事でブルーライトを浴びているなら、その分しっかりケアをすることが大切です。長時間の作業をするなら、数時間PCの画面を見続けるのは止めて、1時間おきに10分程度休めると良いでしょう。少し休憩するだけでも目は休まります。また、目に良い栄養を与えることも重要です。青汁やサプリメントなどで栄養補給をして、目のケアを行ないましょう。

ブルーライト対策で求められる体内へのケア

目を確認する女性

ブルーライトに囲まれている日常の中で、目の健康を維持するためには、目の病気を予防することが大事です。目に良い栄養素を摂取するのも、目のケアでは重要になります。ここでは、目のケアに効果的な栄養素やサプリメントについて紹介します。

目の健康に欠かせない栄養素

目に良い成分はどんなものですか?
目の健康を維持する「ビタミンA」、視神経の働きを助ける「ビタミンB1」、目の疲れを回復させる「ビタミンB2」などが挙げられます。これらは疲れ目の人にとっては欠かせない栄養素になりますが、他にも「ルテイン」や「アントシアニン」といった成分もあります。 その他にも「ルテイン」には目に有害なブルーライトを吸収する性質があり、目に与えるダメージを抑えてくれます。ブルーベリーサプリを取り入れることで、これらの成分や栄養素を無理なく摂取することができるでしょう。
食べ物で補うことはできませんか?
可能ですが、成分や栄養素によって摂取すべき食べものは異なるため、必要な分だけ毎日継続して取り入れていかなければなりません。「ビタミンA」や「ルテイン」は緑黄色野菜に含まれており、「ビタミンB1」は豚肉や玄米に含まれています。「アントシアニン」を摂るには紫イモを食べ続ける必要があります。これらの食べものを毎日大量に食べていくのは困難なため、青汁やブルーベリーサプリを摂取しましょう。青汁やブルーベリーサプリなら必要な成分や栄養素を手軽に補え、無理なく続けていくことができます。

目の疲れに良いとされているサプリメントはいくつか販売されていますが、中でもブルーベリーサプリは効果的だと評判が高いです。青汁やサプリメントなら、毎日手軽に摂取できることから蓄積されやすい目の疲れにも効果的です。ただし、正しい服用方法を取り入れることが大切なので、それぞれの商品の用法・容量を確認して摂取しましょう。

お手軽に摂取できるサプリメントのススメ

目の疲れを癒すメカニズムがあります(眼科医)

視細胞の中にはものを見るために欠かせないロドプシンという物質があります。ロドプシンの働きが低下してしまうと、ものが見えにくくなったり目がチカチカしたりといった症状が出てきます。この症状が眼精疲労に繋がってしまうため、ロドプシンの働きの低下を防ぐ必要があります。ブルーベリーサプリには、目の機能性を向上させて視機能を高めるアントシアニンがたくさん含まれていることから、摂り続けることで目の疲労を緩和させることができます。

ブルーベリーサプリで摂ると効果的です(眼科医)

眼精疲労や疲れ目に効果的なアントシアニンは抗酸化作用が強いとされているため、紫外線などによるダメージから、目を守ることができます。しかし、アントシアニンは熱や保存に向いていないため、ブルーベリーサプリでの摂取がより効果的です。摂取後は体内に蓄積されていくので毎日継続して摂っていくことが重要になります。

目に必要な栄養素を継続的に摂取するならコレ!

女性の目

体内から目のケアをするのは、決して即効性がある訳ではありません。しかし目の負担は、日々蓄積されています。そのため継続的に、目に必要な栄養素を摂取してケアすることが大切でしょう。下記ではブルーライト対策におすすめな商品が紹介されている専門サイトです。これから対策を始める人は是非、参考にしてみてください。

TOPボタン